I LOVE 吉祥寺:
吉祥寺に家を買いたいと思っていましたが、高額すぎて断念。吉祥寺の気になるお店、レストラン、名所、ショップについて独自の視点で紹介します!!
すっかり綺麗に!井の頭公園のかいぼり
先月から行われている、井の頭公園のかいぼり(水抜き・天日干し)。

色んなメディアで取り上げられているので、既にご存知の方も多いと思いますが、2014年2月現在、井の頭公園の池の水はほぼ無い状態です。

写真を撮ってきたのでご覧ください。なかなか見られない光景です。

2014_kaibori_0146.jpg

2014_kaibori_0148.jpg

2014_kaibori_0147.jpg

2014_kaibori_0149.jpg

2014_kaibori_0150.jpg

2014_kaibori_0151.jpg

2014_kaibori_0152.jpg

2014_kaibori_0154.jpg

水抜きの目的は、水質浄化と外来魚の駆除をするためだとか。水を抜いてみると予想外に色んなものが捨てられていて話題になりましたね。自転車とかバイクとか、その他もろもろ。。。

引き上げられたもの達の様子は↓のまとめが参考になります。

井の頭公園・井の頭池の「かいぼり(水抜き→日干し)」で出てきたもの・出てくるもの


「I LOVE 吉祥寺」はブログランキングに参加しています。
他の吉祥寺ブログをご覧になるならコチラ↓↓↓


吉祥寺のイルミネーション2012
今年も年末のイルミネーションの時期がやってきました。

今年の吉祥寺イルミネーションはコチラ↓

2012_kichijoji_illumination_0214.jpg

去年までの写真を載せていなかったので、従来との違いが分かりません。

街の大きさに比べるとイルミネーションに派手さは見られず、残念です。

このイルミネーションの下は確か喫煙コーナーになっていて、タバコの煙が凄いです。



「I LOVE 吉祥寺」はブログランキングに参加しています。
他の吉祥寺ブログをご覧になるならコチラ↓↓↓


太宰治と三鷹
昨日の日経新聞の夕刊の文学周遊は、太宰治「十二月八日」でした。

太宰治が晩年、といっても30代ですが、住んでいたのが三鷹。



「十二月八日」の小説には、太宰治が住んでいた三鷹の自宅周辺の様子が書かれています。そして十二月八日というのは昭和十六年の十二月八日当時の「日本のまずしい家庭の主婦は、どんな一日を送ったか、」が書かれています。

早速アマゾンで無料の青空文庫が出ていたので読みました。キンドルを持っていなくても、スマホのアプリでキンドルをダウンロードすれば読めます。

十二月八日(キンドル無料版)

主婦の目線で書かれていて、生活感が溢れています。

当時普通と思われていた事が、平成二十四年に読んでみるとなかなかコレがギャップがあり、時代の差を感じます。

まず目についたのが物価の差。原稿料が六十五円と書かれてありました。

烏賊二杯が四十銭ということを考えると、今の物価に直すとどれくらいでしょうか。

話を日経に戻すと、三鷹電車庫跨線橋の写真がデカデカと載っていました。

昭和4年に出来た跨線橋で、ここからの眺めを太宰治は愛したそうです。

今でも見晴らしが聞き、冬であれば富士山も見えるのだとか。

三鷹駅のさらに西にあるみたいですが、一度行ってみたいと思います。


「I LOVE 吉祥寺」はブログランキングに参加しています。
他の吉祥寺ブログをご覧になるならコチラ↓↓↓


<広告>