I LOVE 吉祥寺:
吉祥寺に家を買いたいと思っていましたが、高額すぎて断念。吉祥寺の気になるお店、レストラン、名所、ショップについて独自の視点で紹介します!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
L-Breath吉祥寺店
こんばんは、Crowです。

遅ればせながら、L-Breath(エルブレス)吉祥寺店へ行ってきました。

L-Breath_kichijouji_0035.jpg

簡単に感想を書きます。

吉祥寺駅北側から歩いて1分とアクセスは抜群。もともとは家具の南海屋さんのビルでしたが、去年の10月に全面エルブレスに改装しました。

お店に入ってまず感じたのは、新宿のエルブレスに似ている、ということ。同じエルブレスなので当たり前ですが、内装の感じが新宿のエルブレスに似ています。もしかしたら他のエルブレスとも同じなのかもしれません。

店内構成は以下のような感じです。

B1F サイクル&ファッション
◆スポーツサイクル<ルイガノ・スコット>
◆サイクルパーツ
◆サイクルウェア<マビック・リンプロジェクト>
◆メッセンジャーバック・ワンショルダー
◆防水バック<ボブルビー>
◆スポーツサイクル<ライトウェイ>
◆サイクルウェア<ルコック・チネリ・パールイズミ>
◆サイクルウェア<ヤッカイ・ファイブテン>
◆肩掛けポーチ
◆防水バック<フレデリックパッカーズ>

1F ライフスタイルバック&雑貨
◆デイパック<ジャンスポーツ・グレゴリー>
◆デイパック<MEI・フェールラーベン・パタゴニア>
◆ギフト小物
◆防寒グッズ<ポンチョ・携帯カイロ・湯たんぽ>
◆双眼鏡・遊びグッズ
◆デイパック<カリマー>
◆アウトドアおもしろ雑貨
◆防寒グッズ<ネックウォーマー・ニットキャップ>
◆ファッション時計・サングラス

2F アウトドア・ライフスタイルシューズ
◆トレッキング・ハイキングシューズ
◆リーボック<イージートーン>
◆ウィンター・スノーシューズ
◆ソックス・万歩計・サポーター・テーピング
◆トレイルランニングシューズ
◆ウォーキングシューズ
◆タウンカジュアルシューズ・インソール
◆スノーシュー

3F トレッキング用品・トラベル・キャンプ
◆中・大型バック・ダッフルバック
◆トレッキングポール・水筒・行動食
◆アウトドア時計<スント・タイメックス>
◆山ランチコーナー<食品・食器etc>
◆ローラーバック・ビジネスバック
◆トラベル用品
◆キャンプ用品
◆書籍・DVD

4F レディスウェア&アクセサリー
◆レインウェアー・フリース
◆パンツ・巻きスカート・レギンス・アンダーウェア
◆あったかグッズ<アームウォーマー・手袋>
◆キッズウェア・ベビーウェア・キッズ小物
◆山ガールスカート・ダウンJK
◆あったかグッズ<ニット帽・マフラー・ポンチョ>
◆あったかグッズ<ルームシューズ・レッグウォーマー>

5F メンズウェア&アクセサリー
◆防水ジャケット・レインウェア・レインハット
◆トレッキング&ライフスタイルパンツ
◆防寒グッズ<レギンズ・アンダーウェア・ニット帽>
◆ダウンジャケット・フリース
◆機能タイツ
◆防寒グッズ<スノーウェア・スノーグローブ・etc>

6F アウトレットウェア
◆メンズ・レディス・ジュニアウェアご奉仕品!
◆トレッキングパンツ¥3999~
◆ダウンジャケット¥5999~

オッシュマンズよりも本格的なアウドドア用品が揃います。コピス吉祥寺のイシイスポーツよりもアウトドア色が強いかもしれません。

アウトドアが好きな方は是非行ってみてください。

================================================
所在地 : 〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-3-2
TEL : 0422-23-6701
営業時間:10:30~21:00(全日)
================================================

L-Breath吉祥寺店のHP


「I LOVE 吉祥寺」はブログランキングに参加しています。
もしよろしければ応援のクリックお願いします。↓↓↓


<広告>
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kichijouji.blog101.fc2.com/tb.php/211-e922b488
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。