I LOVE 吉祥寺:
吉祥寺に家を買いたいと思っていましたが、高額すぎて断念。吉祥寺の気になるお店、レストラン、名所、ショップについて独自の視点で紹介します!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
映画『グーグーだって猫である』と吉祥寺
2008年に公開された映画『グーグーだって猫である』をレンタルDVDで見ました。

借りるまで知らなかったのですが、この映画は吉祥寺が舞台。

最初から最後まで吉祥寺の街が至るところで出てきます。

2008年に公開された映画だけあって、懐かしい吉祥寺が出てきました。わずか4年前ですが、ユザワヤがまだあったり中央線にオレンジ電車が走っていたり、吉祥寺LONLONがあったり・・・

井の頭自然文化園のアジアゾウの「はな子」、井の頭公園も度々出てきました。

井の頭公園にあるカフェも何度と無く出てきました。

穴吹工務店がスポンサーだったみたいで、主人公の小島麻子(小泉今日子)の住んでいるマンション名が「サーパス吉祥寺」でした。架空のマンションだと思いますが。

また、マーティ・フリードマンが怪しい英語学校教師として度々出てきました。

吉祥寺に住んでいる有名人、楳図かずお氏が度々登場。主人公と漫画家つながりで出ていました。

楳図かずお氏はトレードマークの赤・白ボーダー服で出ていました。あの赤白ボーダーシャツは「ロヂャース 吉祥寺店」に売っているそうですよ!

ちなみに、映画は小泉今日子と上野樹里、加瀬亮という面々に、森三中が盛り上げ役?として出ています。

話自体はあまりにも単調なのですが、吉祥寺好き、猫好き、キョンキョン好きな方にとっては楽しめる映画だと思います。




「I LOVE 吉祥寺」はブログランキングに参加しています。
もしよろしければ応援のクリックお願いします。↓↓↓


<広告>
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

吉祥寺のお隣、大人の街三鷹は、個性的なカフェもいっぱいあります。
そして私のサロンもかなり隠れ家的な路地裏系です。
ぜひ、三鷹まで足をのばしてみて下さいね。
http://lohas-de-onjyaku.com/index.html
2012/02/04(土) 23:34:46 | URL | ストーンセラピストのYumi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kichijouji.blog101.fc2.com/tb.php/266-b3f843e4
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。